アフィに唄えば

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アフィに唄えば

素人による素人向けのボイトレ

当ブログは素人によるものです。決して鵜呑みにはしないように。

show youこと

くっそ寒いシャレから失礼します。

 26日にお誘いを受けたKansai Boys Projectのショーを観てきました。

 場所は大阪弁天町から安治川の方へ少し歩いた世界館という、個人的には旧き名館なのですが、それはさておき。

エンタメの集合物

 簡単に彼らを紹介すると、「それぞれ歌、ダンス、モデルをやってる奴らが集まるとどういう物が届けられるだろう」というパフォーマーの集まりのような感じです。

 そんな彼らの初の単独公演。内容は観に行った方の物なので詳しくは伏せますが、メンバーの得意な分野や、本来どのメンバーのジャンルでも無い事まで、と言えば良いのでしょうか。

 これらを一つのイベント内で行う事で、各分野のお客様が他の分野の魅力に目を向ける切欠にもなり、メンバー側も顔を売るだけで無く他ジャンルへの対応力が身に着く、若手の成長方法として良いなと、まず思いました。

 初の単独という事で、それなりに予定外の出来事もありましたが、そのアクシデントを覚えている内にしっかり確認、反省等したらそれはもう貴重な経験ですね。アクシデントに逢った方はそれだけ成長したとも言えるので次のアクションが楽しみです。

 当然、一つ一つの時間が分散し、薄く見えてしまうという事はありました。これはもちろん顔を売る今の内のやり方でしょう。ですが、メンバーの皆さんの「取り敢えず何でも挑戦してみる」という姿勢が見て取れた、なんて言い方はありきたりでしょうか。

まずはおめでとう、お疲れ様

  全体を通して素人目に見ても悪い点なんて探せば幾らでも出ては来ますが、これからの芸能界を盛り上げ、そして担う、かもしれない彼らの門出を拍手をもって祝わせて頂きました。次の一手はどうするんでしょうね。楽しみです。僕としては様々な表現をインプットするという意味でも、有意義な時間を過ごせたかな、と感じます。

 皆様も一度、気持ちの良い若者達の笑顔を観てはいかがでしょうか。似た話がボイトレ側にも少し出てくるとは思いますが、様々な表現を知る事って中々に愉快ですよ。

  最後になりましたが、良い物に誘ってくれてありがとうと私信を書いて結びとさせて頂きます。

広告を非表示にする